データの暗号化・保管・高機密性情報の管理
優れた利便性と最先端のセキュリティ DataLockerシリーズ
FIPS 140-2(米国連邦政府機関利用ハードウェア及びソフトウェア暗号モジュールに関する要件)対応

データロッカー(DataLocker)の特長 Feature

  1. 強固な暗号化(AES256ビット)で貴社の情報資産を守ります。世界の政府機関や軍・医療機関などの機密性の高い情報管理で多数の利用実績があります。
  2. 外付ハードディスクはソフトウェアのインストールが不要でUSBポートによる給電で稼働します。
  3. MIL規格(アメリカ国防総省が規定する米軍採用品規格 Military Specifications and Military Standards)に準拠した耐久性・ 防滴性・防塵性を備えています。
  4. 万一の紛失時にも、別売のデバイスセキュリティ管理コンソールSafeConsoleにより、リモートから利用停止やデータの末梢が可能です。
  5. デバイスセキュリティ管理コンソールSafeConsoleは、オプション機能のパソコンUSBポート制限やMcAfeeアンチマルウェアソフトなど様々な脅威からデバイス内のデータを保護します。

プロダクツProducts

  • セキュリティUSB データロッカー(DataLocker) SENTURY

    暗号化
    USBSentry 3 FIPS

    高い耐久性と高機能を備えたFIPS 140-2レベル3認証された256ビットAES暗号化USBフラッシュドライブです。
    デバイス管理ソフトSafeConsoleによる制御が可能でデバイスの紛失からデータを保護します。

  • 暗号化光ディスク データロッカー(DataLocker) EncryptDisc

    暗号化
    光学メディアEncryptDisc

    FIPS 140-2認定の使いやすく、安全な暗号化光学ディスクです。暗号化用のビルトインソフトウェアが用意されており、PCへのソフトウェアのインストールは不要です。

  • クラウドファイル暗号化ゲートウェイソフトウェア SafeCrypt

    仮想ドライブ暗号化ソフトSafeCrypt

    アプリケーションとクラウドストレージプロバイダとの間に暗号化のレイヤを提供する「クラウド暗号化ソフトウェア」です。 データを格納するときAES 256ビット暗号化をシームレスに利用できます。

  • USB、外付けHDDデバイスのクラウド管理ソフトウェア SafeConsole

    デバイスセキュリティ管理ソフトSafeConsole

    暗号化USBフラッシュドライブや暗号化外付けハードディスク紛失時のデータ消去指示、指定グローバルIPアドレス外でのデバイスの使用制限などが可能です。 また、オプションサービスでUSBポート利用制限、マルウェア対策なども対応できます。

  • 暗号化ポータブルハードディスク データロッカー(DataLocker) DL3

    暗号化
    外付けHDDDL3

    ハードウエア暗号化、自己破壊機能、キーパッドのランダム化などにより様々な脅威からデータを保護するポータブルハードディスクです。

  • 暗号化ポータブルハードディスク データロッカー(DataLocker) DL3 FE

    暗号化
    外付けHDDDL3 FE(FIPS EDITION)

    DL3のFIPS140-2(Federal Information Processing Standardsの略でアメリカ合衆国の連邦政府機関がで購買・利用する情報・通信機器が満たすべき技術標準)対応バージョンです。

  • DataLocker(IronKey)H300暗号化外付けハードディスク

    暗号化
    外付けHDDH300

    企業や政府機関の高いセキュリティとパフォーマンスのニーズを満たすように設計された耐タンパー性のある高強度アルミニウムエンクロージャーに収納されたHDD。

  • DataLocker(IronKey)H350暗号化外付けハードディスク

    暗号化
    外付けHDDH350

    NATO IACDおよびFIPS 140-2レベル3の認定を受けており、政府機関、軍事、医療、金融サービス、およびビジネス組織の最高のセキュリティとパフォーマンスのニーズに対応しています。

データロッカー(DataLocker)の利用事例 Solutions

国内正規販売代理店