政府官公庁向けデータ暗号化ソリューション


政府機関や地方自治体にとって受託した機密データを保護することは極めて重要です。 DataLockerのハードウェアベースの暗号化ソリューション(暗号化ハードディスク・USBフラッシュドライブ等)を使用することによって機密データと重要なシステムを保護することができます。

DataLocker暗号化ハードディスクの利点


セットアップ・管理・使用が簡単
インストールや設定が不要なため、ハードウェアストレージデバイスを迅速かつ効率的に導入できます。 ユーザーはパソコンに外付けハードディスクを単純な方法で接続し、パスワードを入力して利用ができます。 さらに、SafeConsoleを利用すると、デバイスを管理・監査および制御することができます。

低コスト
ソフトウェアのインストールが不要なため、従業員やパートナーのトレーニングやカスタマーサポートのオーバーヘッドがほとんどかかりません。 データを保護するための費用対効果の高い方法です。

優れたセキュリティ
DataLockerストレージソリューションは、マルウェア・ブルートフォース攻撃・キーロガー、さらにはショルダーハッキングなど最も厄介な脅威からも保護します。 SafeConsoleの一元管理機能による高度なセキュリティ機能には、自己破壊・複雑なパスワードポリシー・証明書ベースのハードウェアバインディング・IPホワイトリスト・SIEM統合、さらにはジオフェンシングなどがあります。 また、パスワードをリセットしたりデバイス内のデータをリモート消去したりすることもできます。

規制準拠
DataLockerは、HIPAA・SOX・GDPR・DHSイニシアチブ・NRC・GLB、およびデータの暗号化を必要とするその他の指令に準拠する費用対効果の高いソリューションです。

DataLocker製品はTAA準拠です


すべてのDataLocker製品は、米国またはその他の認可されたTAA指定国で集められた連邦契約の商品およびサービスの調達に関するTrade Agreements Act(TAA)を満たすTAA Compliantです。

導入実績